広告

  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
*設定 [#ff379826]
シリアル通信用のターミナルを用いて行う。~
使うターミナルは、リターンの種類を変えられるものが必要。Windowsでのハイパーターミナルやテラタームに似ているものがあればいいかも。~
たとえば、[[CuteCom:http://penguin.tantin.jp/mori/soft/CuteCom.html]]はGUIで使いやすく、DebianやUbuntuに公式パッケージがあるので良い。~
以下ではCuteComを使って設定を行う。~
ターミナルでこつこつ設定してもよいかも知れないけど、簡単なプログラムを作ったほうが楽だろう。
**ATコマンドモードに入る [#k79c3ac7]
ターミナルから「+」を3こ入力する。
ターミナルから「+」を3個入力する。
 +++
このときリターン文字は入れない。CuteComの場合はウインドウの一番下にある選択ボックスでリターン文字無しに設定する。~
このときリターン文字は入れない。CuteComの場合はウインドウの一番下にある選択ボックスでリターン文字無し(No line end)に設定する。~
#ref(cutecom1.png)

成功すると
 OK
と返事が返ってくる。~
この後ATコマンドを受け付けるようになるが、一定期間(10秒?)入力がないと自動的にATコマンドのモードから抜けてしまう。

また、ATコマンドの最後は「CR(Carriage Return)」を送る必要があるのでCuteComの場合はウインドウの一番下にある選択ボックスで「CR line end」を選択する。~
「+++」を入力するときにリターン文字無しに設定してATコマンドを送信するときに「CR」にするのでちょっと忙しい。~

**ATコマンド入力 [#z8cdc2c8]
ATコマンドは以下のような構造
 AT+コマンド+スペース+データ、パラメータ+CR
たとえば
 ATDT 1F<CR>
となる。~
「<CR>」はリターンを意味しているが、CuteComでリターンを「CR」にしている場合は特に打ち込む必要はない。~
他にはIDを知るには
 ATID
そのほかのコマンドのいくつかは「[[建築発明工作ゼミ2008:http://kousaku-kousaku.blogspot.com/2008/10/arduinoxbee-shieldprocessingxbee.html]]」で紹介されている。

作成中

*参考リンク [#jf76965b]
-[[建築発明工作ゼミ2008:http://kousaku-kousaku.blogspot.com/2008/10/arduinoxbee-shieldprocessingxbee.html]]


広告

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes