Top > NanoPi

広告
  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
  • Go to NanoPi.

*安くて小さなボードPC [#u76ee969]
[[Nano Pi:http://www.nanopi.org/]]は[[Friendlyarm:https://www.friendlyarm.com/]]が開発販売している安くて小さなボードPC~
一番小さいもの(Nano Pi NEOシリーズ)は4cm角。

多くは[[Friendlyarm:https://www.friendlyarm.com/]]から直接買う必要があるが、Nano Pi NEO2などはいくつかの有名サイトでも売っている。~
例えば[[秋月電子:http://akizukidenshi.com/catalog/c/cnanopi/]]

GPIOやI2C、SPI以外にもUSBやLANがピンヘッダに出ていたりするので自作に使うには便利なPCボード。個人的には小ささとここの部分が気に入っている。

ただ、[[Raspberry Pi]]に比べると情報が少ないのでとっつきにくい。

**Nano Pi NEO2 [#t731d7c9]
多分、一番日本語での情報が多い。~
大本の情報源は[[FriendlyarmのWiki:http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/NanoPi_NEO2]]

TFと書いてあるのがSDカードのことなので、まずはSDカードにディスクイメージを書き込んで使うのが速いかも。
eMMCは無いっぽいのでSDカードが必要~
上のページでTFと書いてあるのがSDカードのことなので、まずはSDカードにディスクイメージを書き込んで使う

インストール方法
-[[Dowloadページ:http://download.friendlyarm.com/nanopineo2]]経由でGoogle Driveに行く
-「NanoPi-NEO2」のディレクトリにある「officail-ROMs」に行く
-「nanopi-neo2_sd_friendlycore-xenial_4.14_arm64_YYYYMMDD.img.zip」を取ってくる
--4.14はカーネルのバージョンなので新しいのがあればそれを取ってくる
-取ってきたzipファイルを展開する
-できたイメージをマイクロSDカードに書き込む
--書き込みソフトはいろいろあるけどEtcherが流行りなのかな
-マイクロSDカードをNano Pi NEO2に入れて、MicroUSB経由で電源を入れる
-DHCPでつながる
--ネットに繋げない場合はUART経由でログインできるらしい
--DHCPサーバーから見えるマシン名は「FriendlyELEC」だった
--IPアドレスがわからない場合はDHCPサーバーやルータで今つながっているリストから「FriendlyELEC」を探してみる
-ネットにつながればSSHでログイン可能
--初期のユーザーとパスワードはWikiに書いてあるとおり
 User:pi
 Password:pi
と
 User:root
 Password:fa
-あとはUbuntuとかDebianと同じで
 $ sudo apt-get update
とかやる。設定は
 $ sudo npi-config
-コマンドプロンプトでは「NanoPi-NEO2」と表示されている
**NanoPi NEO Air [#ld08a060]
大本の情報源は[[FriendlyarmのWiki:http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/NanoPi_NEO_Air]]

NanoPi NEO AirにはeMMCがあり、最初からOSが入っているので、シリアルでアクセスして、Wi-Fiなどを設定すれば使える

-Etherポートが無いので単体ではシリアルポートからログインする必要がある
--5V, GND, TX, RXの4本繋げば良い。5VとGNDはmicroUSBから電源を投入できる
-screenコマンドやgtktermなどでアクセスする
--piとして自動ログインする
-rootになる
 $ su root
 パスワードは「fa」
-Wi-Fiを設定する
 # nmcli dev wifi connect "SSID" password "PASSWORD" ifname wlan0
-あとはWi-Fi経由でSSHでログインできる
--ifconfigなどでIPアドレスを確認しておく
-SSHでアクセスできなかったらをSSHを使えるようにする
--設定プログラムを立ち上げる
 # npi-config
--Interfacing OptionでSSHを有効にする
-あとはお決まりの
 # apt-get update
 # apt-get upgrade
などを行う

***SDカードから立ち上げる場合 [#v2814ddf]
大きなSDカードが使いたい時やOSを変えたい時などはSDカードから立ち上げる必要がある

インストール方法
-[[Dowloadページ:http://download.friendlyarm.com/nanopineoair]]経由でGoogle Driveに行く
-「NanoPi-NEO-Air」のディレクトリにある「officail-ROMs」に行く
-「nanopi-neo-air_sd_friendlycore-xenial_4.14_armhf_YYYYMMDD.img.zip」を取ってくる
--4.14はカーネルのバージョンなので新しいのがあればそれを取ってくる
-取ってきたzipファイルを展開する
-できたイメージをマイクロSDカードに書き込む
--書き込みソフトはいろいろあるけどEtcherが流行りなのかな
-SDカードを差し込んで電源を入れると立ち上がる。

後の設定は上eMMCと同じ

広告

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes