Top > blog > 2019-01-17

広告

Raspberry PiでBPGをコンパイル

BPGは同じファイルサイズならJPGよりも画質が良いとされる画像フォーマット
いろいろなサイトでJPGとの比較がされている

Raspberry Piで撮影した画像をBPGにすれば保存するにも送るにも有用だろうということでインストールすることにした
ネットで調べるとあまり情報がなく,有っても何だか難しそうだったけど,やってみたら簡単だった.

BPGのサイトからソース(現時点では「libbpg-0.9.8.tar.gz」)を取ってきて適当なディレクトリに展開する
そのディレクトリで

$ make -j 2 (2はコンパイルに使うコア数)

とやってコンパイルするだけ
僕のラスバイでは「cmake」と「libjpeg-dev (or libjpeg62-turbo-dev)」が入ってなかったのでエラーが出てしまった
それらを入れればwarnningは出るもののコンパイルはうまく行った

あとはインストールするだけ

$ sudo make install

インストールが終了すれば

$bpgenc -q 32 test.jpg -o test.bpg

みたいな感じでBPGに変換できる

確かにかなり小さいサイズにしても僕の目にはわからないぐらい綺麗!

Category: [Raspberry Pi] - 17:55:53


広告

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Wed, 16 Jan 2019 23:55:53 HADT (93d)