Top > FABtotum

広告

FABtotum

3DプリンターとCNC、3Dスキャナーが一体化したマシン。
主な機能は3DプリンターなのでCNCと3Dスキャナーはおまけ程度な感じ。

制御はArduinoでやっていて、ユーザーインターフェースはRaspberry Piでやっている

3Dプリンター機能

  • 1.75mm系のABSとPLAフィラメントが使える
  • Z軸の最小ステップは0.1mm。
    • 能力的には0.05mmかも

CNC機能

  • 4軸!!
  • 3〜3.5mmの刃が使える。

FAB UIの使い方

3Dプリントの場合

  • 作ったG-codeデータを「Objectmanager」でアップロードして登録
    • 新しくプロジェクトを作るときは「Add new」をクリックして作る。
    • ファイルもアップロードできる。
    • 「Objectmanager」でファイルの管理(削除、編集など)ができる。
      • ファイルの右にあるギアのマークをクリックするとメニューが現れる
    • 「GCode Viewer」でプレビューも見れる。
      • ブラウザのWebGLを有効にしておく必要がある。
  • 「Create」に行って登録したファイルを選んで後は表示通りに進めていく
    • 「Engage」して
    • 「Engage」ボタンを押す
    • カチッと言うまで押す。いくら押してもカチッと言わない時はすでに押されている
    • 台を綺麗にして扉を占める
    • 台の調整「Simple homing」で良さそう。でスタート
    • 温度が上がるまで待つ
    • 3Dプリントスタート
    • 途中で止めたいときは右の方にある「■」をクリックする

内部ページ


Link

Tips

Blog


広告

リロード   差分   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 25 Aug 2015 02:25:58 JST (1033d)