Top > KiCAD

広告

ひとこと

以前Eagleがトラぶった関係で現在はほとんどKiCADを使っている。
最初使い始めたころは、使いにくかったがなれてしまうとかなり便利。自分で作る回路はそれほど規模が大きくないのでKiCADで十分と言ったところ。さらに使い方を極めればもっと良いのかもしれない。
ホットキーを使うことで素早くできる。
Windowsでも動く

最近は日本でもKiCADユーザーが増えてきたので情報も多くなった。

KiCAD関連のブログ

KiCADでプリント基板を設計

  • 欠点
    • Eagleに比べ情報が少ない
      • 日本語で書かれたものが少ない
    • Eagleに比べ部品ライブラリが少ない
      • ある意味部品を探しやすい
    • Eagleに比べ基板設計のステップが多い
      • 後述
    • Eagleに比べユーザーインターフェースがいまいち
      • 移動とか回転とかもっと楽だといいかも。使い方を知らないだけ?
      • ホットキーを使うとかなり楽
      • 選択は楽かも
  • 利点

準備

  • KiCADをインストール
    • いろいろなディストリビューションで公式パッケージがあるのでそれを使う
  • 作るプリント基板を考える。
  • 必要なら「KiCAD Libraries 」から部品ライブラリを取ってくる

個別の使い方

流れ

  • プロジェクト用のディレクトリを作っておく
  • プロジェクトの作成
    • Projects->New Project Descr
  • 回路図をEESchemaで書く
    • ネットリストを作成
  • CVpcbで部品とフットプリントを組み合わせる
    • ネットリストを読み込んで、フットプリントと対応付ける
    • つまり部品個々にランドパターン、フットプリントを作る必要はない。
    • ネットリストとして出力
  • PCBnewでプリントパターンを作成
    • ネットリストを読み込んでプリントパターンを作製
  • ガーバで出力
  • GerbViewで確認

EESchema

  • 部品を置く位置をクリック
  • 部品選択画面から部品を選んでOK
  • 線をつなげる
  • ネットリストで吐き出す

新しい部品を追加

ライブラリに新しい部品を追加する。

CVpcb

  • EESchemaで作ったネットリストを読み込んで含まれる部品とフットプリントを対応付ける。
  • DIPとかSOPとかよく使われるフットプリントが用意されているのでそれらを選択。
    • 新しい部品を追加しても用意されているフットプリントを使えるなら新たに作る必要はないので、その点はEagleよりは便利かも。
  • ネットリストで保存

PCBnew

  • CVpcbが吐き出したネットリストを読み込む。
  • 部品を配置して
  • 配線
  • 「File」→「Plot」でガーバデータを出力。
    • PostScriptで出力するときも「File」→「Plot」で出力しないと綺麗な画像にならない

CNCで基板作成(G-codeへ変換)

上で作成したガーバーデータを「pyGerber2Gcode」でG-codeに変換する

個人的に作ったツール

pythonでフットプリントや回路記号を作る
https://github.com/penguintantin/KiCAD-Tools

  • kicad_mod.py
    • フットプリント
  • kicad_lib.py
    • 回路記号

動画集

Fusion PCBでプリント基板作成

OLIMEXでプリント基板作成

参考リンク


広告

リロード   差分   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 06 Sep 2018 19:05:22 JST (73d)