広告

このページは

Linux+電子工作(ハード)のページです。
Linux経由でハードをいじるという時の日本語の情報があまりないので、何かの足しになればと思います。
まだ、情報は少ないですが、徐々に増やしていく予定です。

ちなみに使っているディストリビューションはDebianのunstableです。

主に秋月電子など通販で安く買えるところで買える部品を使うようにしています。なので入手性は良いと思います。
どうしても手に入らない場合はチップワンストップDigkeyで購入します。

Twitter始めました→@tantinjp

適当に作り語る

blog/2019-03-12

ANYCUBIC Chironを買ってもうた

少し前にANYCUBIC Photonを買ったんだけど、作成できる大きさが小さいので思い切って400mmx400mmx450mmのものが作れるANYCUBIC Chironを買ってもうたw

FABtotumもう潰れちゃったし、レベル出しがちゃんとできないって致命的な問題があってうまくプリントできなかったから、ほとんど使っていなかった。

ANYCUBIC Chironはレベル出しが楽だし、ちゃんとできている。
本来こうあるべきなのかってのを認識させられた。

今はまだ試運転中だけど、うまく行くならいろいろ作りたい

Category: [ANYCUBIC_Chiron] - 00:11:36

blog/2019-03-06

古いマザーボードが立ち上がらなかった

以前使っていた古いマザーボード(GA-X79-UD5)を再度使ってみようかと思って動かしたらPOST画面(BIOSの前のロゴだけの画面)から先に進まない状況だった。

キーも受け付けなかったので古いからPS2キーボードでなくちゃだめなのかと思って古いキーボードを引っ張り出してつなげたが解決しない。
そもそもBIOS設定にも入れないからどうしようもできない状態

CPUやメモリ、HDD、はたまたCPUクーラーまで疑ったが原因が分からない
いろいろネットを調べたけど良くわからなかった。

スピーカーをつなげビープ音を聞くと特に大きな問題(CPUやメモリの問題)はなさそうだった。

頑張っていろいろ調べてみると
「ビデオカードが新しすぎるんちゃうか」
という情報を見つけ、マザーボードと同じぐらい古いビデオカードを中古のPCパーツ屋で買ってつなげてみたところうまく行った!

BIOSに行く前にビデオカードの情報を取りに行くのだけれど、新しすぎると情報を取れなくて次に進まないことが原因らしい

うーん、こう言うことがあるんだとオンボードでビデオ出力がついているのがいいなと思ってしまう

Category: [トラブル] - 00:05:52

blog/2019-02-23

FTDIチップをPyftdiで動かす

今までPythonでFTDIのチップを動かす(UART以外)のにはlibmpsseを使っていたけど、現在開発が止まっていて、python3に対応していない(有志によるPython3対応版はいくつかあるここここなど)ので試しにPyftdiを使って見ることにした。
(そういえばこんな問題もあった

なれもあってlibmpsseの方が使いやすい感じもするけど、Pyftdiの方が速い気がする。

もう少し使ってみて良さそうなら使い方などをまとめてみるつもり

Category: [USB] - 12:58:10

blog/2019-01-31

Intel edisonが3.3Vで動かない!

今更ながらIntel Edisonをいじり始めた.
昔もいじってたので正確には「再び」いじり始めた感じ.

データシートを見ると電源電圧が「3.15 to 4.5 V」書いてあったので3.3Vで動くだろうと思っていたら,3.3Vを供給しても動かない!
データシートの途中にも3.3Vで動きそうな記述があるが3.3Vではギリギリ動かないっぽい.

調べてみると,3.4Vでは動いたのでやっぱり3.3Vはギリギリのラインっぽい.(個体差があるかも)

ちなみに,一度立ち上がってから電圧を下げていくと,3Vぐらいまで動く.
つまりは,3.3Vだと立ち上がらないのかもしれない.
立ち上げ時に大きな電流が流れ,どこかで電圧降下が起こり,必要な電圧にならないのかも知れない

Category: [Edison] - 17:43:09

blog/2019-01-23

Verilogはじめました

Verilogを覚え始めた.

普通のプログラミング言語だと逐次処理されるんだけど,FPGAみたいなものだとそれぞれの素子が同時に動くので,プログラムが逐次処理じゃない
逐次処理だと思ってプログラミングすると混乱する.

この信号がHになってから,この信号をLにしてとか考えてるとタイミングが違ってしまう

中々慣れなそう (^^;

Category: [Verilog] - 19:07:25

blog/2019-01-17

Raspberry PiでBPGをコンパイル

BPGは同じファイルサイズならJPGよりも画質が良いとされる画像フォーマット
いろいろなサイトでJPGとの比較がされている

Raspberry Piで撮影した画像をBPGにすれば保存するにも送るにも有用だろうということでインストールすることにした
ネットで調べるとあまり情報がなく,有っても何だか難しそうだったけど,やってみたら簡単だった.

BPGのサイトからソース(現時点では「libbpg-0.9.8.tar.gz」)を取ってきて適当なディレクトリに展開する
そのディレクトリで

$ make -j 2 (2はコンパイルに使うコア数)

とやってコンパイルするだけ
僕のラスバイでは「cmake」と「libjpeg-dev (or libjpeg62-turbo-dev)」が入ってなかったのでエラーが出てしまった
それらを入れればwarnningは出るもののコンパイルはうまく行った

あとはインストールするだけ

$ sudo make install

インストールが終了すれば

$bpgenc -q 32 test.jpg -o test.bpg

みたいな感じでBPGに変換できる

確かにかなり小さいサイズにしても僕の目にはわからないぐらい綺麗!

Category: [Raspberry Pi] - 17:55:53

blog/2019-01-15

USBが電源として便利

USBが便利なんて今更言うまでもないけど、USBの規格が変わったり、携帯やタブレットがUSB経由で充電できるようになったりでUSBから大きな電力を取れるようになったからより便利になった。

いろいろな機器をUSBを使ってコントロールかつ電力供給ができるから工作関係でも重宝する。

最近ではUSBハブでも大きな電力を取れるものが出てきているので便利に使える(例えば「サンワサプライのUSB電圧&電流計付きUSB3.0ハブ」。電圧と電流がわかる!)
さらには5Vから別の電圧を作るケーブルもある(例えば「LANMU USB 5V-9V/5V-12V DC電源供給ケーブル」)

こうなってくるともうACアダプターはいらないなあ。
何かを作っていざ使おうとすると電源がなかったりすることがあるけど、今後はすべてUSBから取ればいい。場所も取らない!

Category: [独り言][USB] - 23:58:38

blog/2018-12-25

Raspberry PiにVNCで接続

RemminaでRaspberry PiにVNCで接続しようとしたら

unknown authentication scheme from VNC server:13,5,6,130,192

というエラーが出て接続できなかった.

RealVNCなら問題なく繋がるという情報が多く,またKOKENSHAの技術ブログさんのページのようにRaspberry PiにTightVNCを入れるという話もある.

それも悔しいので?何とか設定を変えるだけでできないかと探していると 「I failed to remote connect to Raspberry Pi 3 from Ubuntu」というのがページが有ったのでやってみた.

このページに書いてあるとおり,

  • Raspberry Piの右上にVNCのアイコンがあるのでそこをクリックして,「Options」をクリックすると設定画面になる.
  • そこの「Security」というところで「Authentication」というところを「VNC Password」にする
  • VNCパスワードを設定しろと言われるので設定する.
  • PC側からRemminaでアクセスするとこのVNC Passwordを聞かれるので入力すると繋がる
Category: [Raspberry Pi] - 17:49:12

blog/2018-12-04

OpenSCADの変数が面倒くさい

OpenSCADの変数は以前に比べればだいぶ使いやすくなったけど,まだまだ使いにくい.
OpenSCADのページに書いた通り,「変数は実行時ではなくコンパイル時に格納される」という問題があるため,取り扱いに気をつけないと思ったように動かない

また,IF文での変数の書き換えができないので工夫しないといけない.
工夫に関してはOpenSCADのページに書いた通り

Category: [OpenSCAD] - 15:51:25

blog/2018-10-10

OpenSCADのファイルをFreeCADにインポート

OpenSCADのスクリプトをFreeCADにインポートにできることに気づいたw
今まではSTLに直してからインポートしてたけど,いろいろ問題があって面倒だったから,めっちゃ便利!

単純に表示モードを「OpenSCAD」にしてOpenSCADのファイルを開くだけ.
簡単

Category: [OpenSCAD][FreeCAD][CAD,CAM] - 12:47:07

blog/2018-10-05

ANYCUBIC Photon買ってもうた

光造形タイプの3Dプリンター「ANYCUBIC Photon」を買ってしまったw
材料押出堆積方式(FDM)のFABtotumに比べて速いし、精度が断然いい!綺麗!

大きな物を作れないけど7万円ぐらい(@Amazon)でこのレベルなら十分すぎる

結構作りが良いせいか一発で失敗せずに作製できたのが驚き。

Category: [3Dプリンター][ANYCUBIC_Photon] - 00:59:10

blog/2018-08-29

FABtotum精算しちゃうのか

初めて買った3Dプリンタ(他に買ってないけど)の会社「FABtotum」が精算しちゃうんだね.
久しぶりにサイトにアクセスしてみたら,今一売れなかったので精算するって書いてあった.確かに出だしはかなり話題になったけど,雨後の筍のようにいろいろな3Dプリンターの会社が出てきたし,安くて性能の良いものも多くなったからね.

いろいろな機能が一つのマシンに入ってるのは良いように思うけどそれぞれがもう一歩だったのかな.残念

ソフトウエアはGithubなどで公開して,コミニュティなので開発が続けられるみたいなのでそれはそれで面白いのかな.

ハードはもう買えないみたい.ヘッドぐらいは新しいのを買っとけばよかった.

Category: [FABtotum][3Dプリンター] - 10:40:40

blog/2018-02-11

PyVISAで測定器を制御する

PyVISAを使って測定器を制御してみた。
VISAは測定器に接続するための仕組み。多分NIが開発したもの。

PyVISANI-VISAのpython用バックエンドでPythonから測定器をコントロールできる。
結構多くの測定器が対応しているので、いろいろな測定器を組み合わせて自動計測システムなんかも構築できる。

一般にはLabVIEWを使うのだろうけど、お金が掛かるのでpythonを使ってできると便利ではある。
Pythonで制御して計測データを読み込んでmatplotlibなどでグラフ化できる

NI-VISAをインストールする必要があり、Windowsは簡単にインストールできるけど、Linux系はめんどくさいらしい。

僕もWindowsではやったことあるけどLinuxではまだやってない。
ちょっと挑戦してみようと思っているので、できたらまた記事を書く予定

Category: [測定器] - 11:30:29

blog/2017-12-14

CADやCNCで使えるストロークフォント

CADCNCでは普通のフォントだとアウトラインになってしまうため,刻印っぽく使える幅を持たないフォントが欲しい時がある.
そこで使えるのがストロークフォント.以下のサイトではいろいろなストロークフォントが紹介されている.

KiCADに取り込む方法は以下のページで紹介されている

これでCNCなどで刻印ができるようになる!

Category: [CAD,CAM][CNC] - 12:39:39

blog/2017-11-29

KiCAD+pyGerber2Gcodeでリフローが楽しい

continue form: [リフロー2]

KiCADpyGerber2GcodeCNCで半田ペースト用のマスクを作り,半田ペースをを塗ってリフローするのが便利で楽しい 最近はチップ部品ばかり使うようになったし,細かい部品も多くなりはんだ付けが面倒になっていたけど,リフローなら一発!

問題は部品を置くときで,手作業だと位置合わせが面倒.手が震えてずれたりするのが歩留まりを悪くしてる (^^;

リフロー用の炉を買おうかな

Category: [PCB][KiCAD] - 17:26:35

blog/2017-11-11

Twitter始めました

やっとTwitter始めました
前からやろと思っていたけど、やるならWebとの連携したいなと思っていたけど、それが面倒くさくてやってなかった (^^;

だけどやっと一念発起してやることにした。
ペンギンの杜に登録するとツイートするようにもした。

Category: [その他] - 23:39:42

blog/2017-10-12

Grbl+bCNCに完全移行した

LinuxCNCを動かしていたPCが壊れてしまい,直したりプリンターポートが付いている古いPCを買うのも馬鹿らしいので,Grbl+bCNCに完全移行した.

便利,便利!

今までCADやCAMを動かしているPCでGコードを作成し,LinuxCNCのPCにSCPなどで転送して削るってことしてたけど,GrblならUSB接続でいいのでCADやCAMのPCでも動かせるから手間が少ない!
止めたり動かしたりも,別のことしながらできるし

Arduinoなので場所も取らないしいいね!

LinuxCNC関係でアクセスが多かったけど,もう触らないなあ (^^;)

Category: [CNC][Arduino] - 11:17:49

blog/2017-10-04

Arduino CNC シールドのバージョンに注意

Amazonなどで売っているGrbl対応のArduino CNC シールドはバージョンに気をつけた方がいい
Grblのバージョン0.9に対応って書いてあるのに実際には対応してない。

というはバージョン0.9からスピンドルイネーブルがPWM対応になった関係で、Z-limitスイッチとピンが入れ替わったんだけどそれに対応していない。

そのためそのままつなげるとホームした時にちゃんと止まらない!

その場合単純にスピンドルイネーブルに繋げばいいだけなんだけどかっこ悪い!

Category: [Arduino][CNC] - 23:10:12

blog/2017-09-14

OpenSCADで三面図 その2

continue form: [OpenSCADで三面図]

OpenSCADで単純に三面図を出すにはprojection()という関数を使えば良くて、例えば

dist=5;
//translate([dist,dist]) rotate([-45,0,0]) sample();
trihedral_figure(dist) sample();

module sample(){
    difference() {
        cylinder (h = 4, r=1, center = true, $fn=100);
        rotate ([90,0,0]) cylinder (h = 4, r=0.9, center = true, $fn=100);
    }
}

module trihedral_figure(dist){
    translate([0,0,0]) projection(cut = false) children();
    translate([0,dist,0]) projection(cut = false) rotate([90,0,0]) children();
    translate([dist,0,0]) projection(cut = false) rotate([0,90,0]) children();
}

で三面図が出てくる (ただし、複雑な図形はもう少し手間を掛けないとならない)。しかし、寸法線は入らない。

前の記事に書いたdimlines.scadを使うと寸法線を入れることができるが、寸法線が3次元図形で書かれているため、DXFなどにエクスポートすることができない。
つまりは、PNGなどにイメージでエクスポートすることになる。

上の例(projection()を使った例)では、できた図形は2次元なのでDXFにエクスポートできる。後で他の2次元CADを使って寸法線などを入れればいいかも

Category: [OpenSCAD][CAD,CAM] - 12:03:45

blog/2017-09-13

OpenSCADで三面図

OpenSCADで三面図を表示できるようにしてくれた人がいた!!
OpenSCAD Dimensioned Drawings

Getting Startedのところにあるリンクからファイルをダウンロードして、あとOpenSCAD 3D Text Generatorもダウンロードして作業ディレクトリに展開する。

新しいバージョンでは「text()」と言う関数があるので、上の「OpenSCAD 3D Text Generator」を使わなくても良い。
その代わり、dimlines.scadの「drawtext(」という部分を「text(」に変える必要がある。

矢印とか作っててすごいなあと思う

Category: [CAD,CAM][OpenSCAD] - 16:27:10


広告

Reload   Diff   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 11 Nov 2017 05:14:36 HADT (672d)